【熊本市南区】城南児童館のおすすめポイント/子供が喜び、木のぬくもり溢れる場所

スポンサーリンク
子供とお出かけ

ママ友と一緒に「熊本市城南児童館」へ行ってきました!この施設は2014年に出来ていて比較的新しく、明るい色合いの木がたくさん使われている館内と大きくて気持ちいい窓が印象的な場所でした。

スポンサーリンク

城南児童館の施設情報

館内に入ると、広くて明るいエントランスホールが広がり、七夕の時期は笹が飾ってあるなど季節の展示に子供たちのテンションが上がること間違いなしです!館内には児童館と図書館が併設されていて、各所で月ごとに様々なイベントが予定されています。窓が広く大きく自然の光が入り過ごしやすいイメージで、いつ行っても多くの子供と保護者で賑わっています。

駐車場は?

城南図書館の駐車場は30台前後のスペースがあります。ここはいつ行っても満車状態なので、その際は奥にある「火の君文化センター」の駐車場をおすすめします。ここは同じ敷地内に300台ほど駐車できるようで、全て無料で利用できます。

スポンサーリンク

交通情報・アクセス情報

熊本市方面からは、東バイパスの田井ノ島交差点(ゆめタウンまなせん)を城南方向に曲がり国道266号線を進みます。加勢川を渡ってすぐに嘉島町鯰(なまず)の交差点を右折(鮮ど市場方面)し、そのまま道なりに進みます。

城南町舞原の交差点に着くと左手に赤い「火の君文化センター・城南図書館・児童館」の看板が見えるので、それを目印に進んでください。ちなみに、ゆめタウン浜線近辺から城南図書館までは、渋滞にかからなければ15~20分程度で行くことが出来ます。

スポンサーリンク

子連れママ目線のチェックポイント

子供用トイレとベビー・ルームが完備

館内に入ってすぐにあるトイレは清潔で多目的トイレもあるので車いすや赤ちゃんと一緒でも安心です。また、児童館横には子供用のトイレも複数設置されていました!併設の手洗い場も子供の高さを意識した作りになっていて、3歳の息子は自分一人で出来ることがとても嬉しそうでした。

また、私は利用しませんでしたが館内にはベビー・ルームがありました。

遊戯室

児童館で受付をすると児童館の遊戯室で遊ぶことが出来ます。この遊戯室にはおままごとセットやキャラクターもののおもちゃ・人形、スポンジ状のブロック(積み上げて基地にしたり上に登ったりしていました)、絵本などたくさんの種類のおもちゃがありました。

室内の周囲(窓側)はベンチになっていて保護者はそこで座って子供を見ていたり、一緒に遊んだりすることも可能です。また、ベンチの近くにはバウンサーやベビーベットも設置されていたので、小さいお子さんと一緒でも安心して来館することが出来そうだなと思いました。

屋外広場

屋外の広場は広い芝生になっていて、外とは高い柵で区切ってあるので安心して見ていることが出来ます。私が行ったときにはあいにくの雨だったのですが、晴れた日は子供たちがたくさん外で遊んでいるんだろうなぁと思える広さと清潔さでした。

スポンサーリンク

ココに注意!

児童館を利用の際は

お金はかかりませんが、初回の利用時には児童館使用書を作らなければいけません。これは、児童館入り口の受付で申請することが出来ます。2回目以降の来館時には、この利用所(利用カード)を提示しないといけません。

児童館の開館時間と休館日

城南児童館は、午前9時30分~午後5時30分まで開館しています。休館日は毎月第4水曜日と年末年始なのでカレンダーを確認してくださいね。基本的な休館日が月に1回なんて…子育てママとしてはとてもありがたいです!また、水曜日が休日の場合、休館日は翌日になるそうです。

併設されている図書館は上記休館日と特別整理日がお休みになるようなので、別途図書館のカレンダーを確認されてください。

スポンサーリンク

城南児童館のおすすめポイントまとめ

館内の第一印象は「明るくて清潔!」子供を連れていくうえで言う事なしのとても気持ちいい施設でした。児童館は木の雰囲気と大きな窓が印象的で子供もとても喜んで遊んでいました。

今回は詳しく書きませんでしたが、併設の図書館も広くて低い椅子やそれに合わせた丸い机など子供のための配慮があり、何度でも通いたくなるような場所だと思いました!興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね

子供とお出かけ
スポンサーリンク
れもんの平屋~熊本の子育てと家づくりの情報ブログ〜

コメント