キム秘書はいったい、なぜ?全話あらすじ(ネタバレ)とキャストまとめ!

スポンサーリンク
テレビ

韓国で大ヒットのウェブ漫画「キム秘書がなぜそうか?」がついに実写化&ドラマとして登場!

ここでは「キム秘書はいったい、なぜ?」全話のあらすじネタバレ込みで一気に紹介!もちろんキャスト紹介もしていきますよ(≧▽≦)

このドラマは韓国で同時時間視聴率1位を記録した話題の作品です。完璧なルックスで優秀だけどナルシストな副社長イ・ヨンジュンとイ・ヨンジュンの秘書を務めるキム・ミソの駆け引きに胸キュン必至!ぜひお楽しみください^^

スポンサーリンク

キム秘書はいったい、なぜ?キャストは?

まずは「キム秘書はいったい、なぜ?」のキャストを紹介します!

イ・ヨンジュン/(パク・ソジュン)

完璧なルックス、優れた経営能力を持ちながら超ナルシスト大企業の副会長。ある日突然、信頼しているキム秘書がやめたいと言い出して・・・。あの手この手でキム秘書を引きとめようと奮闘します。

今回主役を務めたのが今話題の俳優パク・ソンジュン。1988年12月16日生まれ。最近、Netflixで配信されている「梨泰院クラス」でも主役を務めて話題になりましたよね!まさに今をときめく超売れっ子の俳優さんです。

他にも出演作品は「彼女はキレイだった」、「花郎」、「サム、マイウェイ」などがあります。こちらもチェックしたいですね!

キム・ミソ/(パク・ミニョン)

ヨンジュンの個人秘書を9年務める敏腕秘書。唯一、ヨンジュンが心を開いている人物です。他人のためではなく、自分のために生きたいと考えて退職届を提出します。

今回ヒロイン、キム・ミソを演じたのは今回ラブコメ初挑戦のパク・ミニョン。1986年3月4日生まれ。幅広いシーンで活躍しCMの女王と呼ばれる程の人気だそうです!

過去の出演作品には「シティハンターin Seoul」や「七日の王妃」などがあり、中でも彼女の知名度を一気に上げたのは男装のヒロインを演じた「トキメキ☆成均館スキャンダル」でした!時代劇から男装役まで多彩な役をこなす人気女優さんです。

イ・ソンヨン/(イ・テファン)

ヨンジュンの兄であり、アメリカでも大人気の覆面作家。ヨンジュンとは正反対で爽やかな好青年。後に、キム秘書を巡って弟ヨンジュンとライバル関係になります。

今回この役を務めたのが、イ・テファン。1995年2月21日生まれ。韓国俳優グループ5urprise(サプライズ)のメンバーで最年少。過去の出演作品には「江南ロマンストリート」「黄金の私の人生」などがあり、どれもヒット作ばかりです!

サブキャストたちも紹介!

  • パク・ユシク/(カン・ギヨン)

ユミョングループの社長でありヨンジュンの親友。ヨンジュンの相談に乗ることも・・・!

  • ユミョングループ副会長付属室のメンバー

チョン・チイン/(イ・ユジュン):多くの情報を持つ情報通な部長

ポン・セラ/(ファン・ボラ):兄が過保護ゆえに超ナルシストな課長。でも明るくて憎めない性格。

カン・チョル/(カン・ホンソク):ヨンジュンに付き添う寡黙な随行秘書。

キム・ジア/(ピョ・イェジン):ミソが退職する代わりに採用した新人秘書。新人秘書で膨大な仕事量に空回りばかり…

主演キャストはもちろんですが、サブキャストも個性的で目が離せない人ばかりです(≧▽≦)

スポンサーリンク

キム秘書はいったい、なぜ?あらすじ(ネタバレ)まとめ

キム秘書はいったい、なぜ?のあらすじを「全話まとめて」と「各話それぞれ」にネタバレ込みでまとめました!

※内容を知りたくない方はご注意ください!

全話まとめてのあらすじ

ドラマはヨンジュン(パク・ソジュン)が「왜 그럴까?김비서가 왜 그럴까?(なぜ?キム秘書がいったいなぜ?)」と言うところから始まります。その理由は、“敏腕秘書”キム・ミソ(パク・ミニョン)が自分のそばで9年もあらゆることをこなしてくれていたのに突然辞めると言い出したからです。

そのことにヨンジュンは訳もわからず『なぜ?(ウェ왜?)』

ミソは、ヨンジュンの秘書として365日早朝から深夜まで残業・休日出勤や、代行運転までこなします。そんな気苦労もナルシスト・完璧上司イ・ヨンジュンのため、“敏腕秘書”としてキム・ミソもまた完璧にこなしていたのです。

しかし、忙しさのあまり結婚はおろか彼氏さえいない状況に「誰かの秘書としてではなく、“キム・ミソの人生”を送りたい」と退職を決意します。ヨンジュンや周りの人たちは「結婚?」「転職?」と色めき立ちます。

ヨンジュン自身、何とか思いとどまらせようと、ユミョングループ社長であり友人のユシク(カン・ギヨン)に相談するのです。ユシクのアドバイスでミソの気をひき恋人になってあげようと申し出るのにミソからは「タイプじゃないので」とアッサリ断られます。その後ヨンジュンはあの手この手でミソに接近し、ミソもヨンジュンへの思いに気づき伝えお互いの気持ちを確認します。

ようやく気持ちが通じ合ったミソとヨンジュン。しかし実は2人の出会いは24年前のある出来事までさかのぼります。ミソが子供のころ巻き込まれた誘拐事件に、ヨンジュンと兄ソンヨンも関わりがあったのです。

ミソはその事件のトラウマを抱えていて、同時に助けてくれた“お兄さん”を探していたのです。兄弟と接する内、ヨンジュンとその兄ソンヨンどちらかがその時の“お兄さん”ではないかと考え始めます。

ヨンジュンもまたトラウマを抱えながら、ミソを探し秘書としてそばに置いていたのです。そう、ヨンジュンこそがミソが探していた“お兄さん”だったのです。

ヨンジュンも当時の記憶を抱え苦しみ、忘れたふりをすることで家族とのバランスをとっていたのでした。お互いに辛い過去を乗り越え、恋人になりついに結婚しハッピーエンドとなります^^

全話まとめてのあらすじはこんな感じです^^

ドラマと同じように「各話それぞれのあらすじが知りたい!」という方は↓をどうぞ(≧▽≦)

第1章

イ・ヨンジュンはルックス、頭脳ともにパーフェクトなミニョングループの副社長。しかし、他人に厳しく自分が大好きすぎる超ナルシスト。

そんなヨンジュンの個人秘書を務めるのが敏腕秘書キム・ミソ。スケジュール管理からソジュンの身の回りの世話まで完璧にこなします。

9年ヨンジュンの秘書を務めてきたキム秘書がある日突然、退職したいと言い出します。理由も言わないキム秘書に慌てふためくヨンジュン。なんとかして彼女を引きとめようとします。

第2章

「他人のためではなく自分のために生きたい」というキム秘書を引きとめようとヨンジュンはキム秘書にプロポーズします。

しかしヨンジュンを軽くあしらうキム秘書。完璧なプロポーズでまさか断られるなんて思っていなかったヨンジュンは、初めてフラれたということもあり現実を受け止められず勘違いを重ねていきます。

親友であるパク・ユシクから恋愛から始めろというアドバイスを受け新人秘書ジアの歓迎会でミソを気遣い、彼女の気を引こうと試みます。

第3章

ヨンジュンはサプライズでミソに退職祝いとしてデートの計画を立てます。キム秘書をリサーチし、夜の遊園地へ。

彼女の夢のデートを叶え、クマのぬいぐるみとネックレスをプレゼントします。超ナルシストで自分のことしか見えていないと思っていたヨンジュンの行動に胸をときめかすミソでしたが、退職の決意は変わりませんでした。

翌日、ミソは友達から紹介されたパク記者とデートをするがヨンジュンのことが頭によぎります。そんな中、社内運動会が開催され、社内で女子人気の高い企画チーム代理コ・グィナムとミソがペアを組みます。息ぴったりな2人は好成績を納めたのですがヨンジュンは2人を見て嫉妬します。

第4章

ヨンジュンとミソはオープンが間近に迫ったアートセンターを訪れます。そこで停電が発生し2人は図書館でロマンティックな時間を過ごします。

ミソは図書館のオープニングイベントに世界的に有名な覆面作家モルペウスを招こうと計画していました。モルペウスは偶然2度も会ったミソに興味をもち、電話番号を聞こうとします。しかし、モルペウスは実はヨンジュンの兄(イ・ソンヨン)だったのです。

そんな事を知らないヨンジュンは3年ぶりに帰国した兄ソンヨンのせいで気の重い日々を送っていました。2人の兄弟仲は24年前の交通事故をきっかけに最悪だったのです。

第5章

ヨンジュンはミソの家でラーメンを作ってもらった事をユシクに嬉しそうに話します。ユシクからラーメンは愛の告白のサインだと言われ、ニヤニヤしてしまうヨンジュン。ユシクの言葉を真に受けたヨンジュンの勘違いは止まりません。

一方でミソはソンヨンから自分はモルペウスだという事を聞かされ本当の電話番号を教えます。ヨンジュンはミソに告白するため準備を進めていくのですがそこにソンヨンが現れて邪魔をします。

第6章

ミソとキスをする寸前でヨンジュンは過去のトラウマを思い出し、ミソの押し退けてしまいます。恥をかいたミソは「明日、休む」と宣言し、翌日有給休暇を楽しもうとしますが散歩をするだけで暇を持て余してしまいます。

ヨンジュンも休暇を取り、ミソと平凡なデートを楽しみます。ミソにはずっと探し続けていた“お兄ちゃん”の存在が・・・

パク記者から情報を受けその“お兄ちゃん”はヨンジュンなのではないかと思い始めます。

第7章

ヨンジュンはミソを見つけた9年前のことを思い出していました。一方でミソは母親から探していた“お兄ちゃん”はソンヨンだと聞かされます。

ソンヨンとミソは幼い記憶を取り戻そうと2人の時間を過ごします。そんな2人を見たヨンジュンは気になり、邪魔をします。ミソは何度も邪魔してくるヨンジュンに腹を立てますが、そんな中ミソは同僚と一緒に研修合宿にいくことになります。

参加するはずのなかったヨンジュンも途中から合流してきて…突然の雨によって2人の距離は縮まります。

第8章

先にソウルに戻ったヨンジュンはバーベキューを計画します。またもミソとキスする直前で過去のトラウマを思い出し、結局キスできませんでした。

そこでミソはヨンジュンの過去に何かあったことを確信し、彼の足首にある傷跡が気になります。

アートセンターの開館日が迫り、オープニングイベントにはモルペウスであるソンヨンも出席します。ソンヨンは舞台上からミソを見つめ、彼女への想いを伝えます。しかしミソは去ろうとするヨンジュンを追いかけ、ついに告白します!

第9章

ミソからの告白でヨンジュンは過去のトラウマを克服しキスを交わします。ようやくお互いの想いが通じ合い恋人に。

ヨンジュンは自分のことは自分でやろうと慣れないコピーやお茶汲みをし始めるのですが、ミソは仕事がなくなってしまい戸惑います。

一方のソンヨンはミソへの告白から連絡が取れなくなっていたことを気にしていました。ソンヨンから「会って話そう」とミソに連絡がきます。

第10章

ミソはずっと探していた“お兄ちゃん“を本当はヨンジュンなのではないかと考え始めますが、ヨンジュンの母親は誘拐されたのはソンヨンだと言います。

そんな中、ミソはヨンジュンとソンヨンの幼い時の写真を目にします。自分の記憶にある顔はヨンジュンだと確信するミソ。一方、ミソの姉たちが2人の交際を反対していることを知ったヨンジュンは、自分のことを認めてもらうためミソの家族旅行に押し掛けます。

違う家庭環境の中で戸惑いを見せるヨンジュンですが慣れない潮干狩りにも挑戦。そんな一生懸命な姿にミソの姉たちも少しずつ彼のことを認めていくのでした。

第11章

マジックショーの演出を見たミソは24年前の誘拐事件について失っていた記憶を取り戻し、その場で気を失ってしまいます。目を覚まして側にいたのは9年前と同じようにヨンジュンの姿が。

なぜ9年間、知らないふりをしていたのかと尋ねると「辛い思いをさせたくなかった」と言うヨンジュン。ヨンジュンはミソのために特別なケアを計画します。

一方で記憶が入れ替わっていたことにショックを受けるソンヨン。幼かったソンヨンは自分のせいでヨンジュンを誘拐事件に巻き込んでしまった事が受け入れられず自ら記憶をすり替えていたのでした。

第12章

記憶を取り戻したせいでミソが不安で眠れないのでは?と考えたヨンジュンはスーツケースを持ってミソの家を訪ね、半同棲する事を提案します。

しかしミソはヨンジュンに腕枕されて逆に緊張で眠れなくなり(笑)結局2人はヨンジュンの家のゲストルームで寝ることになります。一方、ヨンジュンが記憶喪失のふりをしていた事をソンヨンから話を聞いた両親はヨンジュンに会いに会社を訪れます。

ヨンジュンは記憶喪失のふりをしていた理由はソンヨンが記憶をすり替えた事で苦しんでほしくなかったからだと明かします。

真実が明かされ、ソンヨンの記憶も戻った事で兄弟は本音で向き合うことができました。

第13章

ヨンジュンはミソに会いたいがためにフランス出張での仕事を猛スピードで片付け、予定よりも早く帰国します。秘書のキム・ジアが2人の交際について気付きます。

交際は慎重に進めて行くべきというミソに対してヨンジュンの愛はますます加速していきます。

そんな中、ミソの父が怪我をしてしまいミソが付きっ切りで看病をすることに・・・。そのことに納得のいかないヨンジュンはミソとすれ違ってしまうのですがユシクのアドバイスで仲直りします。

第14章

一緒に朝を迎えたヨンジュンとミソはお互いに幸せな気持ちを感じながら出勤します。

2人はヨンジュンの幼馴染であるユミのお店にランチに行くことに。そこでミソは仲良く話す2人の様子をみてヤキモチを焼きます。一方のヨンジュンはミソのその姿が可愛いと大興奮。

ヨンジュンは入院中のミソの父親に挨拶に行くも猛反対されてしまいます。ミソの退職日が刻一刻と迫ってくる中、社内では2人の交際の噂が広まってしまいます。噂のせいでミソが悪口を言われる中、ジアとボン・セラ課長はミソの味方をします。

第15章

ヨンジュンはミソの家で再びプロポーズをするのですがミソの父が入ってきてヨンジュンを屋台に連行します。

心配するミソでしたが仲良く酔っ払って帰ってきた2人を見て呆れながらも一安心。

社内ではミソの退職を悲しむ同僚たちでしたがミソは退職しない事を決め、みんなお祝いムードに。

ミソはポン課長とジアと飲みに行き恋愛話に花を咲かせました。ミソの父にもう一度プロポーズしろと言われたヨンジュンは5回目となるプロポーズを決行します。

第16章(最終)

プロポーズに成功した2人は晴れて婚約者に。両家顔合わせはヨンジュンの家で行われました。

ヨンジュンの母はミソに豪華な嫁入り道具を準備する事を提案するのですがミソは丁寧に断ります。

そんなミソの控えめで優しい人柄をヨンジュンの両親は褒め、和やかな雰囲気の中、着々と結婚式の準備が進んで行きます。

婚約をしてからも仕事ばかり優先するミソを理解できないヨンジュンでした。そんな中2人のデートでミソは以前パク記者と訪れたカフェに入ってしまい、喧嘩になってしまいます。自分が悪かったと反省したミソはウェディングドレスをまといヨンジュンの前に現れ2人は仲直りします。

そしていよいよ待ち望んだ結婚式が執り行われたのでした。

スポンサーリンク

韓国ドラマのようなことは実際にある?

韓国ドラマを見ていると「こんなことしてるの?」って思う部分がありませんか?国の違いは文化の違いとも言いますよね。

日本と韓国の違いを比べてみました!

韓国の秘書はそんなことまで?!

韓国では代行運転(韓国語でテリウンジョン;代理運転대리운전)は割と一般的ですね。車で来たのにお酒飲みたい時・飲んだあと、運転できないので代行運転業者に連絡して代わりに運転してもらいます。

日本のように車を置いていくという発想があまりないですね。車社会の象徴かもしれません。ちなみに代行はアプリや電話で簡単に呼べるそう。

それと秘書といえば、昔経験ありますが例えば、取引先にお祝い事などがあり上司の名前でお祝いをおくる時。相手の昇進であれば肩書を間違えてはいけないのはもちろん、いつのタイミングで昇進するのか(早めに知ることもあるので、うっかりフライングで手配しないように、でも忘れないように注意が必要です!)

感動的プロポーズは文化!

韓国では、豪華な飾りつけをした部屋に内緒で呼んでそこでプロポーズ!歩いて欲しい道にまるで誘導灯のように明かりをつけ、たどり着いたハート形の花飾りの中でプロポーズ!とかドラマでよく見ますね。

一般的なカップルもドラマチックな演出のプロポーズをするそうで、地味な演出だとずっと文句を言われたりするみたいです。大変ですね。

ヨンジュンも古典的ではあるけれどミソへの真摯な想いを伝え、ついに5度目のプロポーズ!ひざまずいて指輪をみせ、「나랑 결혼해 줄래?(僕と結婚してくれる?)」

영준;나랑 결혼해 줄래? ヨンジュン;僕と結婚してくれる?

韓国で人気のイ・スンギさんのヒット曲にも「나랑 결혼해 줄래?(僕と結婚してくれる?)」があるんです!プロポーズ定番のセリフですね!!

☆こちら参考までに、「紳士の品格」プロポーズシーン、イ・スンギさんの曲が挿入されてる場面の動画です。

スポンサーリンク

キム秘書はいったい、なぜ?全話あらすじ(ネタバレ)とキャストまとめ!について

ヨンジュンのミソを想う気持ちにときめかずにはいられませんよね!個性あふれるサブキャストたちの関係も見逃せません。

「キム秘書はいったい、なぜ?」はU–NEXTで視聴することができます

U–NEXTは1ヶ月無料トライアルも実施しているので是非みなさんも視聴してみてください!胸キュンが止まりませんよ!!

テレビ
スポンサーリンク
れもんの平屋~熊本の子育てと家づくりの情報ブログ〜

コメント