【イオンモール熊本】「トモイクひろば」の子供が無限に遊ぶ工夫とは?木の遊具詳細!

スポンサーリンク
子供とお出かけ

「イオンモール熊本」は、2016年4月に熊本で発生した地震で被害を受け、同じ年の7月に店舗営業が一部再開されていましたが、2018年7月20日にリニューアルして全館営業をスタートしました(西側が増床され店舗が増えています)!

今回は、リニューアル時に新しく出来た「トモイクひろば」の魅力を徹底的にお伝えします!お子さんが一緒の場合は楽しすぎてしばらく戻って来ないことでしょう(笑)では、以下に詳細をお伝えします。

スポンサーリンク

施設の概要

2005年(平成17年)10月10日にオープンした、熊本県上益城郡嘉島町にあるショッピングモールです。名称は何度か変わっていて、2011年11月の新装開業時に「イオンモール熊本クレア」から「イオンモール熊本」に変更されているそうです。

スポンサーリンク

交通アクセス・駐車場

バスの場合

交通センター⇔熊本クレア間のバスを運行(熊本バス)しており、熊本クレアの終着場所は敷地内に設置されているバスターミナルになっています。元々は自家用車通勤を減らして公共交通機関の利用を増やそうとする公的な実験の一環として行われた試みだったそうです。

車の場合

国道445号線(浜線バイパス)を熊本市中心部から嘉島方面に向かうと道沿い(右手)にあります。高速道路を利用する方は最寄りICが御船になるのでそこで降りて一般道を右折すると数分後には施設を見つけることが出来ます。

スポンサーリンク

新しい3つの「トモイク」

イオンモール熊本がリニューアルした際に、3つの「トモイク」スペースが新しく出来ました!「トモイク広場・トモイクテーブル・トモイクの森」です。今日はその中の「トモイク広場」についてお伝えしようと思います!

トモイク広場はどこにある?

トモイク広場は館内に1ヶ所設置されているのですが、イオンモール熊本のウエストスクエア(東側)入口の目の前に設置されています。ウエストスクエア入口は分かりやすく言うと、映画館に一番近いエレベーターと1階レストラン街がある場所です。エスカレーターの下にあるスペースに出来た温かみのある木で出来た子どもの為の遊びスペースです。

トモイク広場はどんな場所?

この広場は、阿蘇山の裾野に広がる熊本県小国町の特産品でもある「小国杉」をふんだんに使用した「木育」をテーマに掲げる遊び場です。それぞれの遊具をはじめ、床面・壁面はすべて手触りのいい木で出来ています。節のような部分や木材の色合いも自然の温かみが感じられ、子供たちには木を感じる為に裸足で遊んで欲しいと思いました。

「自然と地域とお客様が共に育み合い豊かで幸せな毎日を過ごすこと」を目的に考えられたプロジェクトによって、以前フードフォレストにあった施設をリニューアルして設置したそうで、対象年齢は0歳~5歳までとなっています。また、遊び場内での飲食は禁止です。

遊具の種類

体いっぱい使って登れるすべり台

すべり台の登り口は、アスレチックのように足を引っかける部分と階段になっている部分の2ヶ所があり、全身を使って登ることが出来るので小さい子供たちは興味深々で楽しんでいました。

すべり台を滑る前の「待つ」のスペースは広く取ってあり、安全に遊べるようにという配慮が感じられました。また滑る部分も幅が広くなっていて、子供が3~4人くらいなら一緒に滑ることも出来そうです。すべり台下の通路はトンネルになっていて順番に並んで探検している様子でした。

木のブロックは壁面にくっつく⁉

この木のブロックには、カエデ・サクラ・マツ・スギ・ナラ・ホオノキ・クルミなどの木の名前が印字されていて、種類によって木の質感や色味が違うことが触った感覚や目で分かるのでとても素敵だと思いました。息子のお気に入りは「スギの木」のブロックで長い間握りしめていました♪各ブロックの中心と壁面には磁石が付いており、壁面に書かれている図形に各ブロックをくっつけて遊ぶことも出来ました。

大画面に自分を投影して木を育てよう!

広場の端に、ベンチとそれに向かい合うように設置されている大きな液晶画面があります。この画面は正面に立つと自分の姿が映るようになっていて、一定の時間が経つとゲームがはじまります!ゲームは、制限時間内に手を上下に動かしてCGの木を育てて森を作る遊びでした。

子供は大はしゃぎでジャンプしながら頑張っている子ばかりで、ベンチは後ろで見守る大人の為かなと思いました。動いている自分の様子がテレビに映っているので、子供たちが興奮するのも頷けます。

その他の遊具

広場の中心部には木の家が設置されており、すべり台やゲームで遊ぶよりも幼い子供たちが対象のように思いました。木の家の壁にはボールを動かす仕掛けがあったり、小さい子も楽しむことが出来る遊びだと思います。

スポンサーリンク

終わりに

全ての遊具が肌触りよく、角やささくれがないように処理されているのを感じ、子供達にはこの木の質感を全身で感じて貰いたいと思いました。雨の日や週末・祝日は大変な混雑が予想されます。事故や怪我がないように楽しく過ごしてくださいね。

子供とお出かけ
スポンサーリンク
れもんの平屋~熊本の子育てと家づくりの情報ブログ〜

コメント