堀米雄斗のプロフィール出身は?身長体重学歴を調査(プロスケートボード選手)

スポンサーリンク
スポーツ関係

スケートボードストリートの世界最高峰プロツアーで優勝した堀米優斗さんを知ってますか?

この競技はなんと東京オリンピック正式種目になっています。今回はスケートボードストリート世界トップレベルの堀米雄斗のプロフィールや出身・身長体重学歴について調査しました!

スポンサーリンク

堀米雄斗のプロフィール

  • 本名:堀米雄斗(ほりごめゆうと)
  • 生年月日:1999年1月7日
  • 年齢:21歳(2020年5月現在)
  • 出身:東京都江東区
  • 身長:170cm
  • 体重:55kg
  • 所属:XFLAG
  • スポンサー:「ムラサキスポーツ」「ROOTS SKATEBOARDS」「HIBRIDskateboards」

スケートボードストリートとは?

スケートボードストリートは、1990年代にできたスケボーのスタイルの1つで、街中にあるような坂や手すりをコースで再現してコースを作り、障害物を利用して、トリックな技を繰り出していくスポーツなんですよ。

堀米雄斗さんは、この競技において日本人として世界トップレベルにいて、また、若くてイケメンで(笑)人気急上昇中なんです!

スポンサーリンク

堀米雄斗さんとスケートボードの出会いと経歴

堀米雄斗さんがスケボーを始めたきっかけは、6歳の頃父親の堀米亮太さんと家の近くにあったスケートボーダーが集まる公園へ一緒に行ったことだったそうです。

なんと!お父さんの亮太さんもスケートボーダーなんですって(≧▽≦)

父親に教えてもらって、最初の6年間はバーチカル(スノーボードのハーフパイプのような半円形上のもの)で練習。そこで体づくりや基礎を身に着けてストリートに移ったことがうまくなった秘訣だったようです。

小学生の頃には国内の大会で常に上位に入っていました。当時の堀米優斗を知る競技関係者は「普通の小学生と違った。彼は人をまねるのではなく、自分から人と違う技、誰もできないような技に挑んでいた」と話しています。

小さい頃から父親の熱心な指導を受けていたにしても、天才っぷりがわかりますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

My favorite skater🇯🇵 #下町

堀米雄斗😈(@yutohorigome)がシェアした投稿 –

13歳の頃父親が堀米雄斗さんのスポンサーのブランドに掛け合い、アメリカの大会に出場するなどして世界レベルのスキルを身につけていきました。

高校卒業後は本場でプロを目指すために本格的にアメリカに拠点を移して、慣れない英語に苦労しながらもスケートボードのトレーニングしながらプロを目指して世界大会に出場していきました。

スポンサーリンク

堀米雄斗さんの大会成績

堀米雄斗さんのこれまでの大会成績を調べてみました!

  • 2012年:Vert Attack 6 ジュニアクラス優勝 (13歳くらい)
  • 2013年 :KIA WORLD EXTREME GAMES 10位
  • 2014年 :日本スケートボード協会(AJSA)  年間グランドチャンピオン
  • 2015年 :日本スケートボード協会(AJSA)  年間グランドチャンピオン
  • 2017年 :STREET LEAGUE PRO OPEN 3位 ※日本人初
  • 2017年 :STREET LEAGUE PARIS 3位
  • 2017年 :DEW TOUR PRO LONG BEACH 3位 ※日本人初
  • 2018年 :STREET LEAGUE LOS ANGELES 優勝 ※日本人初
  • 2018年 :DEW TOUR PRO LONG BEACH 優勝 ※日本人初
  • 2018年 :STREET LEAGUE LONDON 優勝
  • 2019年:SLS LOSANGELES  優勝

上位入賞を始め、「優勝」がずらりと並んでいますね。すごいです!

彼は今、幼い頃の夢がかなったと実感しています。すごい努力を重ねてきた結果ですね!

2020年の東京オリンピックの有力な選手候補で、金メダルに一番近い存在と言われています!

スポンサーリンク

堀米雄斗の学歴(高校)はどこ?

堀米雄斗さんの卒業した、小学校、中学校は不明なのですが、高校は聖進学院の東京校へ通っていたそうです。この高校は通信制高校です

聖進学院は全日制、定時制、通信制とわかれていて、様々なスタイルの生徒を受けている高校で、雄斗さんは通信制に通っていたようです。

幼い頃からスケボーを始め、中学生の頃は世界で修行したり、大会に出場したりして、忙しい毎日を過ごしていたと思うので、聖心学院の通信制はスケボーのトレーニングを続ける彼にとって、学びやすい高校だったのでしょう。

高校卒業してからは、プロになるためにアメリカに拠点を移しているので、大学には進学していないようです。

堀米雄斗さんは誰もやっていない技を生み出すことが強みのようです。頭の回転やひらめきもすごい人なんでしょうね!

スポンサーリンク

堀米雄斗のライバルは?

オリンピックのスケートボード競技は2種類あります。

  • 街の階段や手すり・縁石やベンチなどを模したコースでトリック(技)の難易度や完成度を競う「ストリート
  • 複雑な形をしたくぼ地状のコースで、空中に飛び出した時に繰り出すトリックを中心に競う「パーク

堀米雄斗のライバルは米国のナイジャ・ヒューストン、ブラジルのルアン・オリベイラになりそうです。ぜひライバルに競り勝って金メダルを獲得して欲しいですね!

スポンサーリンク

堀米雄斗のプロフィール出身は?身長体重学歴を調査(プロスケートボード選手)について

今回は、堀米雄斗のプロフィール出身は?身長体重学歴を調査(プロスケートボード選手)についてまとめました。

ストリートスケートボードという競技にはあまり馴染みがなかったけれど、今世界ですごく人気があることがわかりましたね!

しかも堀米雄斗さんのようにイケメンが世界のトップで活躍しているなんて(笑)…同じ日本人としてとても嬉しいですね(≧▽≦)

これからも、堀米雄斗さんの活躍をぜひ応援していきましょう!

スポーツ関係
スポンサーリンク
れもんの平屋~熊本の子育てと家づくりの情報ブログ〜

コメント